母子蜜愛_「母の変化」

あれから美紗子は浩司に毎日のように求められるようになった。
浩司は母親をいかせた、という自信からか美紗子への責めは執拗になり、激しくなっていった。
フェラチオも強要された。
若いときからあまり好きな行為ではなかった。だから夫にも自分から進んでしたことはない。
でも浩司に強要され、毎日のようにさせられ嫌悪感は薄らいでいることに美紗子は恥ずかしくなった。
朝になると居間に降りてくる浩司は、朝立ちをしてトランクスの前を突っ張らせたまま来る。
「おはよう、お母さん」
「あ、おはよう」
美紗子は自然と浩司の股間に目がいってしまう。
浩司はそれがわかっていて、洗い物をしている美紗子の尻にそれを押し付けてくる。
「ちょっと、いま洗い物してるんだから」
浩司を窘めるが、浩司は美紗子の尻に腰をぐいぐいと押し付けて、後ろから美紗子の乳房を揉みだす。
「もう・・・」
美紗子は水道の水を止め、濡れた手をタオルで拭うと、浩司の前にひざまずいてトランクスを脱がした。
狂暴なくらいに反り返って勃起した浩司のペニスに、美紗子は息をのんだ。
それを見ただけで身体が火照ってくるのを感じた。
「お母さん、早く」
美紗子は浩司にせかされて、唇を近づける。
亀頭にキスしながら舌全体を使って舐め回し、浩司が腰を震わせ始めたら深く咥えんで舌を使いながら頭を打ち振った。
「ああ、お母さん!」
もう何度もしている行為なのに、浩司はそのたびに歓喜の声をあげ悦んでくれる。
美紗子にはそれが嬉しく、いま美紗子が出来るテクニックを駆使して浩司を悦ばせようとした。
「お母さん、イクっ!」
そういうなり、美紗子の喉の奥に熱いものが飛び散った。長い時間ドクドクと流し込まれる粘ついた精液を美紗子は全部飲んだ。
浩司は美紗子が何度も喉をならして飲みこむ姿に興奮した。
昨夜も何度も美紗子の子宮に注ぎ込まれたものを、今朝は口で受けとめた。
けっして美味しいものではないが、その温かさ、濃さ、量に浩司の満足が感じとれて美紗子は嬉しかった。
全て放出し終えた浩司は美紗子の口からペニスを抜く。
美紗子の唾液と精液に塗れ、淫らなまでに濡れ光っていた。
しかも射精したばかりなのに、まだ勃起したままだった。
美紗子は欲しいと思った。
でもすぐにそんな考えを打ち消した。これから教員としての務めがあるのに朝っぱらから息子とセックスすることにまだ抵抗があったのだ。

朝の儀式を終え、美紗子は学校へ向かうために準備をし、浩司に大学へ行くときの戸締りを頼んだ。
「浩司、あとお願いね」
美紗子は玄関先で靴を履きながら言うと、浩司は美紗子を抱きしめてキスをした。お互いに舌を絡ませながらのキスだった。
「今日も待ってるからね」
浩司は唇を離して微笑んだ。
「行ってくるわね・・・」
美紗子は何故か後ろ髪を引かれる思いで、家を出た。

なによ・・・まるで新婚さんみたい・・・・
朝から自分だけスッキリしちゃって。私だって・・・

美紗子は顔を赤らめながら、今日の仕事を早く終わらせて帰ろうとバス停に向かった。

母子蜜愛_屈服

平日になると美紗子は教職、浩司は大学に通い普通の生活に戻れるように美紗子は願っていた。
息子に犯された日から、家の中でなるべく顔を合わさないようにし、会話も減った。
だが同じ屋根の下に暮らしていれば限界がある。
夜になると浩司は美紗子の寝室に来るようになった。

その夜もお互いの部屋へ戻り美紗子もベッドに入ったが、はかったように浩司が寝室にやってきた。
「な、なに・・・」
美紗子は掛け布団を抱きかかえるように身構えた。
「お母さんが欲しくなっちゃった」
浩司は何事もないかのように言うと、ベッドに上がり美紗子の掛け布団をはぎ取る。
「ね、もうやめよう。今ならお父さんにも知られずにすむから」
「僕とお母さんが黙ってればバレることなんかないよ」
浩司は笑いながら言い、抵抗する美紗子のパジャマを手際よく脱がせた。
あっという間に全裸にされた美紗子は再び掛け布団で身体を隠す。
美紗子そのまま押し倒されると、掛布団をどかされ浩司の目の前で全裸を晒した。
「お母さん、やっぱり綺麗だよ。思った通りだ」
浩司はまじまじと美紗子の裸身を見つめる。
「バカなこと言わないで、母親に向かっていうことじゃないわ」
美紗子は浩司から顔を背けながら言った。

浩司は美紗子の首筋に舌を這わせながら乳房を揉んだ。
乳首を指で摘ままれた時、思わず声が出そうになるのを必死に堪えた。
声をあげたら、喘ぎ声を出したら終わる。
それは完全に息子に屈服したことになる。
両方の乳房も乳首も、それ以外の上半身をもれなく舐め回される頃、美紗子は自分が濡れているのを感じていた。
浩司は美紗子の股間に指を潜り込ませると、割れ目に指を這わせた。
美紗子はビクっと身を強張らせたが、目を硬く閉じて耐えていた。
浩司は美紗子のオマンコに指を入れてこねくり回し始めた時、美紗子の手を取って勃起した自分のペニスを握らせた。
「いやっ」
美紗子は抵抗して手を放したが、抑えられ握り直された。
握った息子のペニスは熱く硬くなっていた。美紗子の掌では握りきれないくらい太く長い。
美紗子は息子のペニスを握りながら、身体が火照ってくるのを感じた。
浩司は握った美紗子の手に自分の手を添えてペニスをしごかせた。
「欲しくなってきた?お母さん」
浩司は美紗子の顔を覗き込むようにして聞いた。
美紗子は顔を背け、何も言わなかった。
浩司が上体をずらして、美紗子の下半身に移る。
美紗子は反射的に両脚を硬く閉じたが、あっさり浩司に開かれてしまう。
「なんだ、お母さんもうヌルヌルじゃないか。そんなにエッチしたかったんだ」
「バカなこと言わないで、誰がしたいもんですか!」
美紗子は羞恥に顔を赤く染めながら叫んだ。
浩司は美紗子の股間に顔を埋めると、すぐに舌を使い始めた。
美紗子は両手で口を抑え、必死に耐えた。
ひと舐めごとに猛烈な快感が押し寄せ、生殺しの状態だった。
いっそひと思いに身悶えて、喘ぎ声を何度もあげられたら・・・
そう思いながらも、美紗子は自分のいまの思いを否定した。
浩司の指が奥まで入り、クリトリスを吸われ続けるころ、美紗子の意識は快感との葛藤で朦朧としていた。
意識も我慢する気力も限界にきていた。
指が抜かれ浩司が割れ目にペニスをあてがうのを、美紗子は無抵抗の状態で見ていた。
ゆっくり息子のペニスが自分の中に侵入してくるのを美紗子は朦朧とした意識の中で感じていた。
それが奥まで届いた時、美紗子の中の何かが壊れた。
「あああぁぁぁ」
声を上げてしまった後で口を抑えても仕方なかったが、美紗子は顔を横に向けて必死に声を押し殺した。
浩司はその美紗子の姿に火がついたかのように、腰をぐいぐいと美紗子の股間に押し付ける。
美紗子の身体はそのたびにガクガクと揺れた。
口は押え声は出さないものの、美紗子の表情は快感に苛まれるそれであった。
「気持ちいいんでしょ?ねえお母さん!」
美紗子は何も言わず、顔を横に振る。
「一緒に気持ちよくなろうよ、お母さんと一緒に気持ち良くなりたいよ」
浩司は哀願とも思える言葉を吐きながら、腰の動きを速めていく。
子宮を何度も突きあげられ、美紗子は
「あ、あ、だめ・・・だ、だめ・・・・」
うわ言のように声を出した。
「そうだよ、お母さん、いこう、一緒にいこう」
浩司は狂ったように激しく腰を打ち振る。
「いや、ああ、だめ、だめ、・・・・いく、いっちゃうぅぅ」
「ああ、嬉しいよお母さん、いくよ、いくよ」
浩司は射精の瞬間に思い切り子宮を突きあげてそこで腰の動きをとめて精液を放出した。
「ああああぁぁ」
美紗子は浩司の精液が子宮の中に満たされていくのを想像し、朦朧となった。
母親である美紗子は息子の前に屈服した。

母子蜜愛_浴室の逢瀬

息子の浩司に明け方まで犯された朝、美紗子はベッドの中でまだまどろんでいた。
幸いその日は休日でもあった。もしこの日が平日であったらどんな顔をして、学校に行くのか考えただけでゾッとした。
悪い夢であって欲しい。
美紗子はそう願ったが、明け方まで息子のペニスが入っていたせいか、股間にまだ何かが挟まっているような違和感と、ベッドのシーツに息子は放った精液と自分の愛液が大きな染みを何か所もつくっていた。
横ではまだ息子の浩司が寝息をたてている。
まだあどけない寝顔の息子を見ると、昨夜の襲い掛かってきた息子とは思えなかった。
美紗子は床に落ちたパジャマだけを羽織ると、浴室に向かいシャワーを浴びた。
浩司に自由にされた身体には何か所もキスマークが残っていた。
ボディーシャンプーで身体を洗い流していると、突然、浴室のドアが開いた。
「お母さん、おはよう」
そこには全裸の浩司が立っていた。
「・・・・・」
美紗子は手で胸と股間を隠すようににして俯くと、浩司の股間に目が吸い寄せられた。
昨夜、何度も射精したのに、浩司のペニスは天を仰ぐように勃起していたのだ。
暗がりの寝室の中ではわからなかった息子のペニスの形が、朝日が差し込む浴室ではハッキリと見えた。
長さも太さも夫のものと比べものにならないくらい大きかった。
最初体内に挿入された時は、引き裂かれるような痛みがあった。
何年も夫とセックスしていないせいだと思っていたが違った。息子のペニスのサイズが大きいのだった。

「お母さん早いね、まだ寝てればいいのに」
浩司はそういうと素早く美紗子を抱き締めた。
「いやっ、離して」
美紗子は浩司の身体を押し返そうとしたが、びくともしなかった。
浩司は顔を寄せると美紗子にキスをした。
顔を背けたが強引に顔を向きなおされ、再び唇を奪われた。
「んっ・・・・・」
浩司が強引に舌を入れてくる。美紗子は唇を開かなったが浩司に乳首を指で摘ままれた瞬間、
「ああっ」
と声をもらしたすきに舌をねじ込まれた。
美紗子も仕方なく舌を与えた。息子とのディープキスは暫く続き、お互いの口許は唾液にまみれた。
浩司は美紗子の股間に手を入れて、オマンコを指で愛撫した。
「いや、もうやめて」
美紗子は目を閉じて浩司の手を抑えたが、浩司はやめようとはしなかった。
「いやって、お母さんもう濡れてるじゃないか」
浩司はニヤニヤしながら言うと、指を割れ目に差し込んできた。
「あっ!・・・だめ、だめ」
美紗子は腰を引きながら逃れようとしたが、与えられる快感には逆らえなかった。
「お母さん、欲しい?」
浩司が美紗子の首筋に舌を這わせながら聞いてくる。
「欲しくなんかないわよ・・・もうこんなことやめて」
美紗子は涙声になりながら訴えた。
「昨日っていうかさっきまでさんざんやりまくったじゃん。お母さんだって感じてたし」
「バカなこと言わないで!感じてなんかいません!」
美紗子は浩司を睨みつけると、浩司は美紗子を後ろ向きにして浴室の壁に手をつかせた。
「な、なにをするの」
「感じてるか、感じてないか確認するんだよ」
「ちょ、ちょっとやめなさい!」
美紗子は尻に硬くなったペニスがあてがわれるのを感じ、腰を振って逃れようとしたが浩司がガッチリと美紗子の腰を両手で固定していた。
浩司はあてがったペニスを一気に美紗子に挿入した。
「ああぁぁぁ、いやぁぁぁ」
すでに濡れそぼった美紗子のオマンコは、長大な息子のペニスを難なく受け入れていた。
それが奥まで到達したとき、美紗子はあまりの快感と刺激に眩暈さえおこした。
浩司は美紗子の腰を抱え、激しく腰を美紗子の尻に打ち付けた。
美紗子の身体はそのたびにガクガクと揺れ、声を出すまいと必死に手で口を抑えた。
「お母さん、気持ちいいんでしょ?ねえ」
浩司は勝ち誇ったように言いながら、腰を振り続ける。
「気持ちよくなんか・・・よく・・なんか・・・ない」
美紗子は尻から送り込まれる快感に必死に耐えていたが、浩司が腰をくねらせて子宮を突きあげた。
「ああぁぁぁ・・・だ、だめぇぇ」
美紗子は髪を振り乱しながら、悦びの声を上げた。
また負けてしまった。
やはり私は息子が相手でもセックスの快感の前には女でしかないのか。
再び屈辱と悔しさに涙があふれた。
それでも浩司に子宮を突きあげられ続けると、美紗子は気持ちとはうらはらに絶頂を迎えそうになった。

だ、だめ、息子にいかされてしまうなんて・・・

浩司も同じく終わりを迎えるように、腰の動きをどんどん速めていく。
「んっ!・・・・ぐ・・・・」
美紗子は必死に耐えて声を押し殺した。
「お母さん、お母さん」
浩司はそう叫びながら、腰を叩きつけると一気に射精した。
息子の精液を膣内にぶちまけられたと同時に、美紗子もイッてしまった。
「うっ!」
声こそあげなかったが、下半身の痙攣は隠せなかった。なんども小刻みに震える美紗子の身体を見て、浩司は満足した。
「いったの?お母さん」
まだ美紗子の体内でペニスをビクビクさせながら、浩司は聞いた。
浩司はまだ射精していた。暫くして美紗子の子宮にありったけの精液を流し込み、ペニスを抜いた。
美紗子は解放されそのまま床にへたりこんでしまった。
「お母さん、いっちゃった?」
浩司は真面目に聞いてくる。美紗子は放心状態のまま顔を横にふった。うそだった。
「ふーん、そうなんだ。でも今度はちゃんと認めさせるからね」
虚ろな意識の中で浩司の声を美紗子は聞いた。
美紗子のオマンコからは大量の息子の精液が流れだしてきていた。

母子蜜愛_「母子セックス」

浩司は美紗子の股間に顔を埋めると、舌を使って舐め始めた。
「いやっ、やめてぇ!」
それでも浩司の舌は忙しなく美紗子の割れ目を長い時間、たっぷりと舐め回し、開き始めたオマンコに舌を差しこまれていた。
「お願い、やめて」
息子に舐められることがイヤで泣き叫んでいた美紗子だったが、徐々に感じ始めている自分を否定したく叫んでもいた。
本当は舐められたり吸われるたびに、快感が押し寄せているが、それを認めてしまえば美紗子は浩司の母親でいられなくなってしまう。
美紗子は絶え間なく与えられる快感に負けそうになり、朦朧とする意識の中で懸命に叫んだが、言葉とは裏腹に腰をくねらせている自分に気付いた。
敏感な突起を強く吸われ激しい快感の波に呑み込まれ、
「あぁ・・・・いい・・・」
美紗子は思わずもらしてしまった。
はっと我に返り浩司を見ると、満足そうな表情で美紗子を見ていた。
そして上体を起すと、美紗子に圧し掛かってきた。

「だめだめ止めて、お願いだから!」
美紗子は必死に動かない身体を揺すって叫んだ。
しかし浩司の力の前では、美紗子はあまりにも非力だった。がっちりと太ももを掴まれ、腰を引きつけられると美紗子はもう諦めるしかなかった。

まさか…自分の息子に・・・

美紗子は浩司から顔を背け目を硬く閉じるしかなかった。
浩司は母親を屈服させたことを確実にするように、勃起したペニスを美紗子の割れ目にあてがい、ゆっくりと突き入れた。
「いあぁぁぁ」
美紗子は素直に息子を受け入れたと思われたくない一心で、最後の抵抗の悲鳴をあげた。
しかし浩司は母親を征服したかのように、荒い息を吐きながら腰をぐいぐいと突き入れていた。
美紗子は悲しくなった。
いけないと思っても、絶対に感じたりしない、と思っても身体は素直に反応しあろうことか息子を求め始めてしまっていた。
自分を犯す息子より、そんな息子にさえ女の悦びを求めてしまう自分を恨んだ。
良き妻、良き母でありたい、ましては教育者としても子供たちに道徳とは何かを導く立場であるのに、しょせんはただの女でしかなかった自分に悔しく情けなさに涙が溢れた。

浩司は変わらず荒い息をしながら、腰の動きを速めていた。
「ああ、いいよお母さん・・・そろそろイクよ」
美紗子は一瞬で我にかえった。
息子のペニスを受け入れただけでなく、精液まで中で出されたら本当に大切な何かが壊れてしまう。
「いや、待って!中は、中はダメ!、ね?お願いよ」
美紗子は必死に浩司に挿入されたペニスから逃れようとしたが、深々と奥まで咥えこんだ美紗子の身体のほうがペニスを離さない感じだった。
「いく、いくよ、お母さん!」
「いや、ダメぇぇぇ!」
浩司は腰を押し付けて身体を停止すると、眉間にしわを寄せていた。射精していた。
ドクドクと何度も脈を打ちながら、美紗子の子宮に大量の精液を放出した。
「いやぁぁぁ・・・・」
美紗子は泣きじゃくりながら、生温かいものが体奥に広がるのを感じて身震いをした。
実の息子の精液を子宮に放出されて、美紗子の中で何かが音をたてて崩れていく感じがした。

声を出して泣きながら嫌がる美紗子を、浩司は翌朝まで犯し続けた。
果てることがないような息子の性欲に晒され、美紗子は何度も精液を子宮に注ぎ込まれた。

母子蜜愛_「はじまり」

美紗子:48歳 音楽教師
浩司:19歳 音楽大学学生

中学校で音楽教師を務める美紗子は、夫と息子の3人家族。
夫は県外の大学講師をしている関係で、一年の半分以上は家におらず、大学1年生の息子、浩司と2人暮らしだった。
夫婦仲はいいが、夜の夫婦生活は殆ど無く、美紗子は寂しい思いはしている。
暮らしているマンションは部屋が防音対応されており、音楽教師をしている美紗子と音楽大学に通う浩司が遠慮なくピアノを弾けることから、去年、浩司の大学進学を機に入居した。
生活に大きな問題は無かったが、年頃の浩司のことが美紗子にはちょっとした悩みではあった。
このマンションに入居してから、浩司が美紗子の下着をイタズラしたり、何気なく身体にタッチしたり、美紗子が入浴中に覗いたりしていた。何度か注意をしたが、浩司はすぐに謝るのでそれ以上は強く追及はしなかった。
美紗子はそれは母親の自分に対してのものではなく、女性に対する興味からだと思っていた。
それが母親である自分に向けられたものであることを、嫌でも思い知らされることになるとは、美紗子は想像もしなかった。

その夜も美紗子は夫がいない大きめのダブルベッドで寝ていた。
ぐっすり寝ていた美紗子は、突然何かが乗っかってきた圧迫感で目を覚ました。
驚きとともに目を開けると誰かが自分の布団の上に乗っていた。
美紗子は恐怖から身体が硬直し、何とか声を絞りだした。
「だ・・・誰なの?」
「僕だよ、お母さん」
暗闇のなか、その声で息子の浩司だとわかり、一瞬はホッとはしたが、すぐに息子がなぜ、という恐怖に襲われた。
「ちょっと・・・俺だよって・・・なにしてるの?」
まさかとは思ったが、息子の荒い息遣いから何しに来たのか、美紗子はすぐに察した。

身体を硬直させていて気付かったが、いつの間にか美紗子のパジャマはすでにめくり上げられて、乳房を剥き出しにされていた。
「ば、ばかなこと止めなさい!」
美紗子は大声で浩司に言ったが、身体が思うように動かず逃げだすことも出来なかった。
浩司は母親の乳房を弄ぶように触り、乳首に吸いつくと音を立てて吸いはじめた。
「いや!やめなさいっ、やめてぇ!」
必死に叫ぶ美紗子を無視し、浩司は乳首を吸ったり舐め回していた。
刺激を受けた乳首は意に反して硬くなっていた。
「女って感じると乳首硬くなるんだよね。お母さんも感じてるんだ」
浩司はそういうと美紗子の乳首を摘まんだ。
「しらないわよ、そんなことあるもんですか!」

浩司は美紗子のパジャマの上着を脱がし、乳房だけではなく、首筋やあらゆるところを舐めはじめた。
そして背けた顔を無理矢理に向けさせられ、唇を吸われた。
美紗子は顔を振って逃れようとしたが、浩司に両手で固定されて思うままに唇を貪られた。
舌を差し込まれ、浩司が身体ごと圧し掛かっているため、息苦しさから呻き声を上げると、浩司はそれを喘ぎ声と勘違いした。
「ほら、お母さん感じてるじゃないか」
と唇を離すと嬉しそうに言った。
美紗子は何回も違うと否定したが、浩司は聞かなかった。
浩司は美紗子のパジャマのズボンとショーツを一気に剥ぎ取るように脱がせた。
美紗子は脚をばたつかせようとしたが、ショックと恐怖心から身体が思うように動かなかった。
浩司は美紗子の両脚を思いきりひらいた。
美紗子は泣き叫びながら、やめて、と訴えたがそれが浩司の本能に火をつけてしまった。
自分の意志とは関係なく、身体中を舌や指で愛撫され、美紗子のオマンコは濡れ始めていた。
プロフィール

kei

Author:kei
趣味で官能小説のようなものを書いています。宜しくお願いします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
バナー
バナー
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
35886位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
570位
サブジャンルランキングを見る>>
ブログランキング
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR