熟母の手記_息子のメスへと (完)

露天風呂で春樹と激しく乱れた後、すでに夜中過ぎていて私は体力が限界を迎えそのまま裸に浴衣を羽織った姿で寝ました。
ぐっすりと眠った朝、ふと横を見ると春樹が寝息をたててまだ寝ていました。
私は浴衣が乱れほとんど裸の状態で、寝ている間に昨夜春樹が射精した精液が溢れ出たようで、シーツに大きな染みが出来ていて、股間に手を添えると割れ目に精液の残りがこびりついていました。
私は昨夜のセックスを思い出すと、自然に寝ている春樹のペニスが見たくなりました。
そっと掛け布団を持ち上げると、浴衣がはだけて朝立ちしたペニスが見えました。
あれだけセックスしたのにもうこんなになってる・・・・
若いってすごい、と思いながら私は無意識にペニスに顔を近づけ舌を出してペロっと先端を舐めてしまいました。
もうそうなると収まりがつきません。
私は春樹のペニスを手で握ると、唇を開いて深く咥えこみました。
春樹はビクっと身体を震わせると、眠気眼な顔で私を見ます。
「か、母さん」
起きたら自分の母親がフェラチオしていたら、驚くのは当たり前です。
「おはよう、こういう起され方もいいでしょ?」
私は上目で春樹を見ながら呟くと、本格的にペニスへの愛撫を始めました。
舌全体で舐め回しながら、手でしごくと春樹は呻きながら腰を持ち上げます。
もう何度もしている行為なのに、そのたびに悦びを表してくれるのが嬉しくて私はありったけのテクニックを使って息子をさらに悦ばせます。
「母さん、いきそう・・・」
私は咥えながら何度も頷くと、ペニスの先端が膨らみ一気に喉の奥に熱い液体がかかりました。
ドクドクとペニスを震わせながら、大量の精液が口の中に流し込まれ私は飲みこむのに必死でした。
ようやく春樹が精液を出し切り、私は放出された精液を一滴もこぼさず飲み干しました。
私はさらに小さな尿道の口に唇をつけて残った精液を吸い取ってあげます。
「ううっ」
春樹が声を上げて、私は名残惜しそうにペニスを口から解放しました。
「全部飲んじゃったわ。昨日あんだけ出したのに、もうあんないっぱい出すんだもの。若いのねえ、やっぱり」
「母さんだからいっぱい出るんだよ。母さんの裸を見るだけでもう溜まってくるよ」
驚くことに春樹のペニスはまた勃起し始めていました。
私は羽織った浴衣を脱ぐと、布団の上に四つん這いになりました。
「ねえ、突いて・・・おもいきり」
私はいつからこんなはしたない女になったのかと思いましたが、今は息子に抱かれたい一心のただの牝になっていました。
春樹は素早く身体を起すと、私の尻を抱えペニスを割れ目にあてがいますが、すぐに入れてくれません。
ペニスの先端で割れ目をなぞり、敏感な突起を突いたりして焦らします。
「お願い・・・母さん我慢できないの・・・・早くぅ」
私は自分で尻を振ってねだります。
春樹はそれを待っていたかのように、やっとペニスを入れてくれました。
「ああっ・・・・すごい」
何度も突かれながら私の口からは、そんな言葉が何回も吐き出されます。
春樹の腰の動きが早まり、春樹が腰を私の尻に押し付けたまま停止し、思い切り射精しました。
子宮を思い切り突かれ私は悲鳴に近い声をあげていってしまいました。
もう何度目かもわかりませんが、たっぷりと子宮に精液を注がれ私は恍惚となってしまいました。
存分に射精し終えた春樹はペニスを抜くと、私の顔の前にきて精液と愛液にまみれたペニスを私の顔になすりつけます。
私は幸福感と満足感に浸りながら、黙って春樹のしたいようにさせました。
私は息子の前で、母親から女へ、女からメスへ堕ちたことを改めて思い知らされた気がしました。
これからも、私は息子のメスとして生きていくのだと。

スポンサーサイト
[PR]

熟母の手記_息子との幸福

「母さん、もっとお尻こっちに向けて」
春樹は私にそう促します。
「いや、恥ずかしい・・・」
私はそう言いながらも、後ろにいる春樹に向けて尻を突き出すような姿勢を取ります。
春樹の前では際限なくはしたない母親になってしまう、自分n怖さすら感じるようになっていました。
春樹が私の尻に顔を近づけているのが分かりました。荒い息が尻にかかるからです。
「綺麗だよ母さん」
尻の肉を撫で回しながら春樹は呟きます。
「ああ・・・」
尻の肉を広げられ、オマンコを丸見えにされ、私はそれだけで声をもらしてしまいました。
春樹はゆっくりと舌でオマンコを舐め回します。
「うっ・・・ああぁぁ」
長い時間、春樹の舌が敏感な突起から襞までをもれなく舐め回すので、私はすでに大きな喘ぎ声をあげていました。
「感じる?母さん」
「うん、すごく感じる・・・気持ち良すぎる・・・」
そのころ、春樹は膣に舌を差し込んでいて、その感触に私は髪を振り乱して悶えました。
舌を差し込まれながら、指で突起を愛撫され私は早々と絶頂を迎えそうになりました。
「ああ、だめ、だめ!いっちゃう、母さんいっちゃう!」
いいよ、という意思表示なのか春樹は敏感な突起の愛撫に集中し激しくさすられて、私はあっさりいかされてしまいました。
「い、いく、いくぅぅぃ!」
私は頭が真っ白になりながら、全身が痙攣しました。全ての神経が下半身に集中したかのようです。
溢れ出ているであろう私の愛液を春樹が一生懸命舐めとっています。
「母さんの愛液、おいしい」
春樹は舌で舐めとるだけでは飽き足らず、口をオマンコにつけて強く吸引しました。
「やっ!そんなことだめぇぇぇ」
あらたに襲ってきた激しい快感の刺激に、私はまたいってしまったのです。
私は立っていられなくなり、湯舟に身体を沈めてしまいました。
ぼんやりとしたまま、春樹の方を見ると私は信じられないような光景を見ました。
春樹のペニスがもう勃起していたのです。
さっき口での奉仕で射精したのに、もう?
「母さん、僕はそんなに甘くないよ」
春樹は言うなり、私を抱え起こすと湯舟から上がりあぐらをかいた春樹に抱きすくめられるように、座位の態勢で挿入されました。
「ああぁぁぁ」
この態勢だとさらにペニスが奥まで挿入され、子宮を突きさすようにペニスを感じます。
動けない私を春樹は自分で私の尻を持って私の体を上下させます。
私は必死に春樹にしがみつきながら、強烈な快感に耐えていました。
「母さん、奥にあたってるのは子宮かな。すごく気持ちいい」
春樹はそう言いながら、私の体で自分のペニスをしごくように動かします。
息子の性欲は底なしなのか、母子相姦ゆえの肉体の相性の良さなのか、執拗に私の体を責め抜きます。
「ああ春樹、春樹ぃぃl」
私は快感に悶えながら、息子の名前を叫び続けます。
春樹に唇を吸われ、私は必死に舌を絡ませ、春樹の唾液を飲みました。
「母さん、母さん!」
春樹も動きを速めて私の名前を呼び続けます。
「ああ、好き、好き春樹!いかせて、ダメな母さんをいかせてぇ!」
「うん、いこう、一緒に!いくよ、いくよ!」
「ああああぁぁぁぁ!」
私は何度目かの絶頂に気が遠くなっていきました。
下腹の奥で春樹のペニスが脈打ちながら、母親の子宮に熱い精液を放出していました。
私たちはなおもまだ繋がったまま、汗に塗れて抱き合っていました。
「母さん、もうだめ。春樹から離れられない・・・」
私は薄っすらと涙目になりながら言いました。
「僕もだよ。愛しているのは母さんだけだ」
春樹の言葉に二度と抜けられない禁断の関係に、罪悪感とともに大きな幸福感に包まれました。

熟母の手記_息子への奉仕

息子の春樹とセックスを終え、2人で部屋にある露天風呂に入りました。
外はもう暗くなり遠くの街並みの灯りが見えるくらいです。
春樹は先に湯舟に浸かり、私は掛け湯をしていました。すると、さっき春樹が放った精液が子宮から流れだしてきました。
本当に奥の方で射精したせいか、時間がたってから溢れ出てきた感じでした。
かなりの量を射精したようで、後から後から白い液体が止めどなく垂れてきて、私は気付かれないようにお湯で流しました。
私も湯舟に入り、春樹と並んで座ります。
「気持ちいいわね」
私は街の灯りをぼんやり見ながら呟きます。
「うん。母さんと露天風呂に入ってみる夜景は格別だよ」
春樹は私の方に向き直り言います。
春樹は顔を近づけてくると、私の唇に吸いつき舌を入れてくるので、私も舌を与えて吸い合います。
私は手を春樹の股間へ伸ばすと、ペニスはもうすでに勃起しています。
優しく握りしめてゆっくり上下にしごくと、さらに硬さを増して私の掌の中でビクン、ビクンと跳ね上がります。
「もうこんなにして・・・若いからすごいのね」
なおもキスを中断せず、チュッチュッと唇を奪い合いながら私は囁きます。
「だって、裸の母さんがくっついているんだもん、何回でもしたくなるよ」
「うふふ、嬉しいわ、ねえ、そこのへりのところに座って」
私は春樹に湯舟のへりに座らせると、春樹の脚の間に身体を潜り込ませて、勃起したペニスに顔を近づけます。
ペロっと先端を舐めただけで、春樹は腰を震わせます。
先端から竿まで上から下へと舌を這わせながら、春樹のペニスを愛撫します。
「ああ、母さんのそれ最高だよ・・・」
春樹は目を閉じて私の奉仕に身を委ねているように見えます。
息子のペニスを口で奉仕する自分に、何故か興奮をおぼえる私でした。
私の口で咥えこめるだけ咥えこみ、舌を絡ませながら頭を打ち振ります。
「だ、だめだよ、母さん!そんな激しくしたら・・・」
私は構わず口の中でいっぱいに膨れたペニスに舌を絡ませながら、唇で締め付け愛撫を繰り返します。
「ああいく、いくよ、母さん!」
春樹は私の頭を抑えると、大きな声を上げて射精を告げます。
ペニスの先端が膨らんだと瞬間、くる、と思いました。
熱く粘っこい精液が喉の奥にかけられたのが分かりました。
何度もペニスを脈打たせながら春樹は精液を私の口に流し込んでいます。
私は玉袋を揉みながら、何度も喉を鳴らせながら、息子の精液を呑み込みました。
さっき出したばかりなのにまた凄い量の精液が、私の体内に滲みこんんでいきます。
ペニスの脈動が終わると、私は咥えたまま舌で精液が出た小口を舐めました。
それだけで、春樹はうう、と呻き声をもらします。
私は春樹のペニスを口から解放しました。
口の中が粘つき、残った精液を舌で集めて何度も嚥下しました。
私はさらにペニスを持ち直すと、先端に吸いつき小口を強く吸引するように、まだ尿道に残っている精液を吸い出します。
「ああ、最高・・・」
春樹は荒い息をしながら、頬を紅潮させています。
「全部飲んじゃった、春樹の精子」
私は下から春樹の顔を覗き込みながら言います。
「すけべな母親だね。息子の精子を吸いつくす気?」
「ふふ、いやあね、魔女みたいに言わないで」
「じゃあ、母さんにお返ししないとね」
春樹はそういうと私を立たせ、湯舟のへりに両手をつかせてお尻を突き出す姿勢をとらせるのでした。

熟母の手記_息子との外泊

満里子 母  51歳
春樹 息子 25歳

夫が社長を務めていた小さい商社ですが、夫が急死し副社長の私が社長に就任しました。
いろいろ大変な時もありましたが、なんとかまた仕事を軌道にのせることが出来ました。
息子の春樹が大学を卒業し、私の会社に就職することになり、将来は社長候補になってもらいたいとうのが私の願いでした。
春樹が営業部に配属されて3年たち、春樹はその能力を少しづつ発揮して、今回難しいと思われていた商談をうまく纏めてくれました。
その日は、その顧客への御礼も兼ねて私と春樹の2人で訪問し今後の動きについての意識合わせするため出張しました。
翌日は週末でもあり、せっかくだからという事で最初から泊まる予定で温泉宿を予約していました。
仕事を終えるとタクシーに乗り行先を告げると、思ったより早く目的の温泉宿につきました。
チェックインできる時間ではなかったのですが、客も少なく宿側も快くチェックインさせてくれました。
部屋は広々とした和室に、低い高さのベッドがあり、室外には露天風呂がある部屋でした。
「素敵な部屋ね、プライベートな露天風呂まであるんだ。いいところ予約してくれたわね」
私は嬉しくなって、春樹に声をかけた。
春樹はスーツの上着をハンガーにかけながら微笑むと、
「母さんが喜ぶかなと思って探したんだ。社長には疲れをとってもらわないとね」
「いやあね、2人きりの時は社長なんて呼ばないで」
「うん、わかってるよ母さん」
そういうなり、私は春樹に抱きすくめられ唇を奪われました。
唇を割って侵入してくる春樹の舌に自分の舌を絡ませます。
「んっ・・・・・」
そう、私と春樹は母親と息子の関係でありながら、肉体関係をもっています。
母子相姦という禁断の甘い蜜を味わって1年、2度と戻れない関係になっていました。
お互いの舌を吸いながら、春樹は服の上から私の乳房を揉みはじめます。
「あん、せっかちなんだから・・・待てないの?」
「待てないよ、母さんのために必死に頑張った結果のご褒美なんだから」
「母さんも嬉しいわ」
私たちは服を脱がせ合い全裸になりました。
50歳を過ぎた裸を見せるのは未だに恥ずかしいですが、春樹はそんな私の身体に魅力を感じてくれているみたいです。
2人でベッドへ上がると再び春樹に唇を奪われ、乳房、股間へと舌を這わされました。
「あんっ、春樹ぃ、気持ちいい」
開いた私の両脚の真ん中に息子の春樹が顔を埋め、舌を忙しなく動かしながら愛撫しています。
舌の刺激による快感に私は顔を左右に打ち振りながら、声をあげていました。
春樹のクンニ責めにイキそうになった、私は身悶えながら春樹の頭を掌で制止し、
「春樹のも・・・春樹のも舐めさせて」
私は快感に苛まれながらも、息子のペニスが舐めたい欲求にかられ訴えました。
春樹は上体を起して仰向けに寝ると、今度は私が春樹の股間に顔を近づけます。
太く長い逞しい息子のペニスを目の前にし、私はそっと手を添えて握り締めると優しくしごきます。
春樹はくぐもった呻きをもらすと目を閉じています。
私は我慢できなくなり、舌を出して先端からねっとりと舐め回しました。
「ああ、母さん、いい」
春樹は腰を動かすと快感を伝えてくれます。
口に咥えきれないのが惜しい気持ちですが、入り切るまで息子のペニスを口に含んで頭を打ち振ります。
ピチャピチャと粘液を弾く音が響いて、春樹のペニスはさらに強度を増しました。
「すごい、おっきい・・・」
私は口を離して思わずつぶやいてしまいます。
「そうかな・・・大きいのは母さん嫌い?」
「ううん、春樹のおっきいの大好きよ。母さんこれじゃないと満足できない」
私は息子に淫らなことを告白します。
「母さん、もう・・・」
春樹が上体を起したので、私が今度は仰向けになります。
春樹は私の両脚を開くと、身体を前にずらして勃起したペニスを私のオマンコにあてがいます。
ペニスの先端で割れ目を擦られて、私は切なく喘ぎます。春樹は焦らしてなかなか入れてくれません。
「ねえ、はやく・・・欲しい」
私は春樹を見つめて言うと
「いやらしい母さんだね・・・」
春樹は勝ち誇ったように微笑むと、ゆっくりと挿入してきました。
「ああああん、す、すごい・・・」
私の中に隙間なく入るペニスを奥まで入れられ、私は眩暈するしました。
この夫のモノよりも大きく、鉄のように硬いペニスに私は母親ではなく女になってしまったのです。
「ああ、母さん、すごく締まるよ、気持ちいい」
春樹は腰を動かしながら言うと、グイグイと突き刺すように腰を叩き付けてきます。
私は恥も忘れ、声をあげて悶え狂いました。
春樹に唇を吸われ舌を吸い合っているうち、春樹の唾液が流れ込んできます。私はそれを喜んで飲みました。
愛しい息子のものなら全て吸収したい、そんな思いでした。
「ああ、母さん、イキそうだよ、気持ちよすぎてもうイッちゃうよ!」
春樹が腰の動きを速めて呻くように言います。
「か、母さんもイキそう!きて、きて春樹ぃ」
「イクよ、一緒にいこう母さん、出していい?母さんのオマンコに出していい?」
「出して、母さんの中に全部出して、お、お願い、春樹!」
「イク!いくよ、!」
「あああ、春樹、イク、イクぅぅぅ!」
春樹は射精寸前で膨張したペニスを子宮に押し付けるように動きを止めると、一気に射精した。
「あ、あ、あぁぁぁぁ」
私は子宮に春樹の熱い精液を注がれ絶頂を迎えました。
ビクビクと何度も脈打ちながら春樹の射精はなかなか終わりません。
本当にありったけの精液を私の子宮に注ぎ込んでいます。
私は意識が遠のきかけながらも、春樹を抱き締めて放しませんでした。
「母さんの中にいっぱい出したよ」
汗塗れの顔で春樹が私の顔を覗き込みながら囁きます。
「うん。嬉しい春樹。母さんの子宮が熱くなってるのがわかるの」
若く、熱くて濃い精液を放出され、私自身も子宮も女の悦びに打ち震えているようでした。

プロフィール

kei

Author:kei
趣味で官能小説のようなものを書いています。宜しくお願いします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
バナー
バナー
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
35886位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
570位
サブジャンルランキングを見る>>
ブログランキング
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR